富有柿には、βカロティンが多く含まれガンの予防効果が期待できる果物です。

富有柿など果物によるがんの予防法

おいしい柿 トップページ 果物の栄養成分 柿の効能 ガンの予防 柿の効能 風邪の予防 柿の効能 高血圧の予防 柿の効能 二日酔い
がん細胞と呼ばれる異常な細胞が発生し、それが増殖することで正常な組織を破壊する病気です。最近は医学の進歩で生存率が高まりましたが、それでもなお、がんが進行すれば死に至ることは少なくありません。

がんは、大腸がんや肺がん、胃がん、乳がん、食道がんなど、がん細胞が発生する箇所によって病名が異なります。しかし、いずれも放っておくとがん細胞がほかの部位に転移し、さまざまな機能を妨げていきます。

原因と予防方法
がんは、発がん物質などにより、DNAが傷つけられることで起こりますが、生活習慣の影響もあるといわれています。世界保健機関(WHO)や国際がん研究機構(IARC)などによって組織された委員会によると、タバコ、肥満、アルコールは咽頭がんや食道がん、肺がんなど多くのがんのリスクを確実に高めると報告されています。中でもタバコは一番の危険因子なので、喫煙者の方は要注意です。

また、塩分や熱い飲食物、食品のカビや焦げも起因といわれます。ビタミンや食物繊維をしっかり摂り、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。適度な運動もがん予防になります。なお、紫外線はDNAを傷つけるため、日光の浴びすぎには注意が必要です。

 
がんの予防効果が期待できる果物
イチゴ、、赤肉メロン、あんず、マンゴー、スイカ、みかん、ブドウ、リンゴ、バナナ、キウイフルーツ、アボカド、西洋梨、びわ、オレンジ、パパイアなど

特に柿、には抗酸化作用のあるβカロテンが多く含まれているので、細胞の老化防止に期待できます。

またブドウやイチゴのポリフェノールに含まれるアントシアニンにも活性酸素の抑制効果があります。リンゴや桃に含まれているポリフェノールの一種カテキンも同様にがん予防に効果があります。またバナナの白い筋にはがん抗酸化作用があり、がん予防に効くとされています。

おいしい柿、富有柿は、奈良県五條市の『岡農園』


TEL(FAX) 074−722−6548
〒637−0067          
奈良県五條市田殿町7番地   
責任者 岡 真智子   
      
inserted by FC2 system